真相その2



トップページ

真相その1

真相その2

真相その3

真相その4







名字由来net

苗字七千傑

源平の子孫

靖國神社

質問 在日外国人の人が日本国に帰化するとき、苗字の漢字に、旧字体の漢字や、「g」「渕」は使えますか。

日本に帰化する=
   
外国人が日本国籍を取得して日本人になること。

回答 注) 下記の事柄は、2009年に法改正があったため、2008年以前の状況でのみ有効です。(詳しくはこのページの最後をご覧ください)


結論から言いますと、常用漢字表・人名用漢字表に載っていない漢字は、外国からの帰化人の苗字に使うことができません。(この事実は、某地方の法務局に電話をして確認済みです。)

どんな漢字が載っていないかというと、旧字体漢字」「国字(和製漢字)」「異体字日常なじみの薄い漢字の一部です。

コリア系の帰化人に、次に挙げる漢字を使った苗字で日本の戸籍に登録されている人はいないのです。

帰化苗字に使用できない旧字体漢字
澤・濱・齋・邊・邉・藪・鹽など
帰化苗字に使用できない国字
g
その他の帰化苗字に使用できない漢字
渕・嶌・(←高ではありません) など



例)

コリア系帰化者が
名乗れる苗字
コリア系帰化者が
名乗れない苗字
小沢 小澤
浜崎 濱崎
渡辺 渡邊  渡邉
薮内 藪内
岩淵 岩渕
草薙 草g
高橋


(ただし、在日外国人であれば、日本の戸籍の規則に縛られませんから、仮の日本式苗字(通名)に上記の漢字が使えます。)

たとえば、タレントのSMAPの草gさんは、本籍が日本にあることを示すだけで、日本人家系の人だと立証できるのです。

また、タレントの浜崎あゆみさんも、戸籍名が「濱崎歩」であれば、本籍が日本にあることを示すだけで、日本人家系の人だと立証できます。逆に、戸籍が「浜崎」だとかえって帰化系の可能性が出てきてしまいます。


(国字や旧字体でも、常用漢字表・人名用漢字表に載っていたら帰化苗字に使えます。例:「畑」「廣」「櫻」「國」)



では、なぜ、コリア系帰化人には上述の漢字(澤・濱・齋・邊・邉・藪・鹽・g・渕・嶌・)を含む苗字を使っている人はいないと言えるのでしょうか。インターネットで検証した結果を下に書いてみましょう。


《在日の人の帰化はいつ始まったか》

・朝鮮から朝鮮人が日本に渡って来だしたのは、明治43年の韓国併合のときからです。(鎖国が解除されてから明治42年までの間には、せいぜい年に0〜20人しか渡ってきていません。)

・この明治43年から太平洋戦争が終わるまでは、韓国併合政策により、在日朝鮮人はもとより朝鮮半島にいる朝鮮人まで、すべて大日本帝国臣民扱いで、法律上、外国人(外国籍)ではなかったのです。(両者とも本籍は朝鮮半島にありましたが)

・昭和20年の終戦を迎え、在日の多くが朝鮮半島に帰りましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人たちもおりました。

・明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡ってきた朝鮮人たちは、昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って、一人残らず正式に外国人となりました。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化という手続きが初めて開始されたのもこの昭和27年なのです。昭和27年は、上記に述べた苗字に使える漢字制限が始まってからすでに数年が経っておりました。



《赤ちゃんの名前》

赤ちゃんの名前や新作苗字の漢字制限はいつ始まったのでしょうか。答えは昭和23年1月1日です。

昭和23年1月1日から現在まで、「常用漢字表・人名用漢字表」にない漢字で、赤ちゃんの名前をつけることはずっとできない状態です。昭和23年以降に生まれた赤ちゃんの「名前」の漢字は、必ず、これら2つの表に載っています。昭和23年から「志(←高志ではない)」や「濱美」という名前をつけることができなくなったということです。

赤ちゃんの名づけ可能漢字についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。



《帰化者の苗字も赤ちゃんと同様》

古来からの日本人家系であれば、苗字漢字に制限はなく、明治時代からの苗字漢字を継続できます。誤字でさえ苗字に認められてきました。

他方、外国から日本に帰化する者の苗字は、赤ちゃんの名前と同様の漢字制限を受けています。(異常な苗字の日本人が裁判で苗字を変更する時の新苗字も制限を受けます。つまり、戦後に新しく創設された・される苗字はすべて赤ちゃんの名前と同様の漢字制限が加えられています。)

在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限は昭和23年に始まっていますから、朝鮮籍・韓国籍から日本国に帰化した者には「澤」「濱」「齋」「g」という表にない漢字で帰化するチャンスがなかったのです。戦後、帰化者がいくら「澤田」という苗字で日本人になりたくても、戸籍には必ず「沢田」と記載されてきたのです。



さらに、証拠をもうひとつ。
■平成十六年三月十日付
  「読売新聞」二十二面からの引用


「コリア系日本人」第二の人生の始まり
鄭大均

 日本国籍を取得した。わが家は夫婦と息子の三人家族。今回日本国籍を取得したのは私と息子のふたりで、私は日本生まれの二世だが、息子は韓国で生まれた一世であり、いわゆる特別永住者ではない。

中略

帰化手続きで悩ましかったのは名前の問題。できれば民族名のままで帰化したかったのだが、「崔」や「鄭」「姜」のような名は人名用漢字表にないからダメだという。しかし「金」や「李」や「朴」はいいというのだからおかしい。おかしいが、民族名に固執する気持ちはない。在日が祖先たちの文化を継承するか否かは個人の選択に任せられたことだと思う。では「鄭」に代わる新しい名前とは何か。迷ったが、結局は妻の姓を借りて新しい名前を作った。コリア風の名前ではない。だが職場などでは従来の名前を使う。在日コリアンの多くは韓国・朝鮮籍を持ちながらも日本風の通名を用いるが、私は逆である。

後略

鄭大均 1948年岩手県生まれ。東京都立大学教授。専門は東アジアの民族・国民関係論。著書に「韓国のイメージ」「日本のイメージ」「在日韓国人の終焉」など。



質問 では、具体的に帰化に使える漢字って何でしょうか。

回答 使用漢字は、常用漢字表・人名用漢字表から選ばなければなりません。(ただし、この表内にある漢字でつくられた苗字でも、日本人としてふさわしくないと思われるものは法務局の判断で却下されます。)

常用漢字表・人名用漢字表にない漢字では帰化できないわけです。

「姜」「崔」は、漢和辞典に載っていても、常用漢字表・人名用漢字表に載っていない漢字であるため、これらの漢字では帰化できないのです。(「鄭」も平成16年8月までは常用漢字表・人名用漢字表に載っていませんでした。)

一方、「金」「李」「朴」は常用漢字表・人名用漢字表に載っている漢字なので帰化苗字に使えます。(在日の人とは反対に、帰化人の場合は、日本人になりきるという目的があるため、さらには法務局の働きかけにより、「金」「李」「朴」で帰化する人はめったにいません。)

要は、常用漢字表・人名用漢字表に無い漢字を含む苗字では帰化できないということです。
補足

平成16年9月に「人名用漢字」が多数追加され、次のような変更がありました。

・「鄭」「韓」「劉」「魯」「宋」なども人名用漢字に認定され、帰化苗字に使えるようになりました。

・「辻」「菅」「嶋」「畠」「榊」「岡」「俣」「篠」「柴」「堺」「梶」「窪」という日本人の苗字によく使う漢字も人名用漢字に追加され、これらも帰化苗字に使えるようになりました。

平成22年には、「岡」「韓」などが常用漢字に昇格しました。





質問 ということは、日本国籍で住民票での苗字に「澤」「濱」「齋」「邊」「邉」「藪」「鹽」「g」「」「渕」「嶌」という漢字が使われている人は全員昔からつづく日本人の家系の子孫だということで良いですか。

回答 そうです。

本籍が日本国内にあり住民票の氏名欄に常用漢字表・人名用漢字表に載っていない漢字が使われていたら、戦前から日本国籍を保持している家系の人たちだと立証されますから、昔からの日本人だとほぼ確定できます。(例外 → 上述漢字を持つ苗字の日本人に嫁いだ外国人がのちに日本国籍を取得した場合。ただし、日本人と結婚するだけでは外国人は日本国籍を取得できませんし、苗字も別姓のままです。)

日本の戸籍で「澤」「濱」「齋」「邊」「邉」「藪」「鹽」「g」「」「渕」「嶌」が使われている苗字の家系は、それだけで、古くからつづく日本人の家系であることが証明されるわけです。

昨今、ネットで日本の芸能人や著名人を根拠なく朝鮮人認定しようとする輩が暗躍しています。「キムタクは韓国系だ」「藤原紀香は朝鮮系だ」、そういったデマの書きこみが2ちゃんに多数あります。(動機は分かりませんが、一部のコリアンも書いていると私は思っています。批判すると、メチャクチャな日本語で反論してきたことが根拠です。)

その点、上記の漢字を使う日本人家系は恵まれています。古くからの日本人の家系であることが証明されますので。なので、戸籍の苗字に「澤」「濱」「齋」「邊」「邉」「藪」「鹽」がある人は、いたずらに戸籍の苗字を新字体に変更する届けを出さないことです。


ただし、外国籍の人の通名では上述した漢字も自由に使えますので、下記のように理解してください。

「澤田」と「沢田」で説明してみましょう。

<1>
現在、日本国籍の人の場合

住民票で「澤田」となっていたら、
純日本人の家系です。(マスコミや実生活では「沢田」を代用する人が多いので注意してください。住民票で確認する必要があります。)

住民票で「沢田」となっていたら、
戸籍の苗字を戦後に新字体に変更する手続きを役所でした日本人か、または、外国から日本に帰化した人です。
      

<2>
現在、外国籍の人の場合

「澤田」=在日外国人
「沢田」=在日外国人
  ※住民票には外国名と通名の両方が
    記載されている。

※外国人の「仮の日本式苗字(通名)」に漢字制限はありません。旧字体でも好きに名乗れます。

以上のことは「澤」「濱」「齋」「邊」「邉」「藪」「鹽」を含んだ他の苗字の人にも当てはまります。選挙権がある「澤田さん」は、日本国籍保持者になりますから、昔からの日本人家系確定ですね。




今度は、「岩渕」で説明してみましょう。

<1>
現在、日本国籍の人の場合

住民票で「岩渕」となっていたら、
純日本人の家系確定です。


<2>
現在、外国籍の人の場合

「岩渕」=在日外国人
   ※住民票には外国名と通名の両方が
    記載されている。

帰化するとき、別の苗字に変える必要があるので、面倒ですね。

以上のことは、「g」「渕」「嶌」「」を含んだ他の苗字の人にも当てはまります。


質問 「真相その1」で「戸籍では旧字体の苗字になっている日本人が多い」とありますが、どのケースでも言えることでしょうか。

回答 日本人の場合、新旧両方の字体が考えられる苗字では、多くのケースで旧字体苗字が優勢になっています。

日本人の「広瀬さん」や「桜井さん」は、その多くが、戸籍では「廣瀬」であり、「櫻井」です。(タレントの広末涼子さんも戸籍では「廣末」です。資料

ただし、「塩=鹽」「児=兒」「渋=澁」は、純日本人系であっても半数以上の人が漢字変更届を出して新字体を使っているようです。(これは漢字があまりにも書きづらいためでしょう。)


質問 戸籍・住民票の苗字が旧字体ではなく新字体になっている場合、それが苗字を新字体に変更した家系なのか、それとも帰化系なのかを判断する方法はありますか。
回答 「戦前の家系状況がわかる戸籍を見せて」と言ってみることです。戦前の状況がわかる戸籍を見せてくれない場合や、戦前の戸籍が日本以外にある場合は、帰化人だと判断できます。


改定された国籍法が2009年1月に施行され、帰化者の苗字が人名漢字の制限を受けないと改められました。そのため、2009年以降に日本に帰化した外国人には上記のルールが当てはまりません。それでも、2008年以前の状態を記した住民票や戸籍、その他の資料で、これまでと同様のことが言えます。

帰化者苗字の漢字制限解除についてのソースはこちら。(「根拠法」の項目の最後の段落)

 真相その3へ